• ホーム
  • SIG&サービスメニュー

SIG&サービスメニューご案内

SIG&サービスメニュー概要

 社会のニーズにお応えすべく、その道の専門家が集い、SIG(スペシャル・インタレスト・グループ) を創成します。それぞれのSIGは、一般社団法人東京技術士会・SIGとして、様々な技術的なご要望にお応えして参ります。
 コンタクトをご希望の方は、下の一覧のなかにあるSIGをクリックいただき、リンク先に記載の連絡先とコンタクトをお願します。

SIG&サービスメニュー一覧

中小企業支援センター 中小企業の経営・技術を支援します(経産省:中小企業支援ネットワーク強化事業の支援機関として) SSC 
技術評価センター 事故発生の原因解析・課題解析・再発防止・損害評価・責任評価などを行います TEC
官公需情報センター  官公需関連の情報収集と当会会員の応募の支援をします KIC
物流効率化支援センター

工場内物流の計画・診断・改善  ○物流センターの計画・診断・改善

○グローバルサプライチェーンの導入    ○物流人財の育成

LSC 
こども理科クラブ  子どもの手での実験を主体とした教育教材を支援します
理科が好きになり自然法則が身につく授業を支援します
CSC
表面処理技術研究会 製品・商品の競争力に大きな影響を与える加飾技術、そして表面に機能を付与する技術全般にわたり支援します SPTG
知的資産経営支援センター 技術の見える化を通じて、事業経営に資するための知的資産経営・技術経営を支援します IAMS
ICT活用支援センタ 中小企業等のICT(情報通信技術)の導入・活用を支援します ICTC
農業支援センター  農商工等との連携と6次産業化を支援します
JGAPの認定取得や農業経営の支援をします 
ASC
海外進出支援センター 中小企業の海外進出の支援をします OSC
中小企業支援プログラム 複数の専門家派遣制度をつなげて、支援回数を増やし中小企業の課題解決を継続的に解決まで支援します TSP
公的事業協力センター 官庁・自治体等が実施する補助金その他の公的支援事業に係わる事業者の審査業務や調査設計等業務に協力します HSC
技術調査センター 市町村で行われている建設技術監査、機械系技術調査、情報系技術調査、科学技術研究調査等を公平な第三者として実施します TIC
環境問題研究クラブ 官庁・自治体等が実施する環境問題への対応を支援します EIRC
アーカイブ

東京技術士会会員の有するノウハウや経験・知識等の暗黙知を固定し、書籍として出版することを支援します

ARC
ISO構築・改善支援センター

組織のISOマネジメントシステムの構築、改善、レベルアップを支援します

ISOC
        上へ

中小企業支援センター

 現場のわかる知識と経験豊かなコンサルタント集団

 中小企業支援センターをご利用ください!

SIG中小企業支援センターとは

東京を中心とする中小製造業・創業者の皆様に、現場で身近に支援
ができるコンサルタント集団です。

○高度な専門家が多彩な分野をカバーしています。

○実務経験で体得した豊富な知識・知恵が生かせます。

○技術士の技術と技術集団のネットワークが生かせます。     

○技術士法で厳しい倫理性が要求され、秘密は守られるなど安心
して任せられます。


ご連絡先:武田 悦男 maf01450@nifty.com








上へ

技術評価センター
 技術評価センター(TEC)は,主に中小企業の皆様,裁判所,弁護士,各種NPO,銀行,各種金融機関,投資企業などの求めに応じて,技術的な評価を行います。

 TECは,一般社団法人東京技術士会の下部組織であり,社団法人の構成体です。よって,TECは,一般社団法人東京技術士会 SIG技術評価センターとして技術評価業務を行います。

 皆様,ぜひご活用ください。

 技術評価センターによる技術評価は,以下のような優位点を持ちます。

複数の技術士による技術評価

最適な専門技術士による技術評価役務の提供

一般社団法人東京技術士会技術評価センターによる技術評価報告書(技術士事務所による報告ではありません)

利害関係等に配慮した第三者的観点からの技術報告の提示

客観的な技術的観点からの意見書の提示

など。


 ご連絡先:平野 輝美  info@ce-hirano.com

上へ

官公需情報センター

上へ

物流効率化支援センター

 LSCは、関東地域を中心に、中小企業(農業・製造・卸・小売・サービス・運輸・倉庫・3PLなど全ての業種)の皆様の物流効率化活動を、東京技術士会の総合力を結集してご支援させていただきます。

 

ご連絡先:山根幹大 yamane-ce@nifty.com











上へ

こども理科クラブ

小中学校の理数科目教育の現場には、「生徒に疑問を持たせる授業」「生徒が自ら考え出せる授業」「生徒自ら手を下せる授業」「自ずと興味が沸いてくる授業」という要素が欠けているようです。結果として、「理数科目が好きになる授業」になっておらず、学力の低下を惹起し次世代に不安を感じさせかねない状況になっていると懸念されます。

この状況を打破しようと、CoREF(大学発教育支援コンソーシアム推進機構:小宮山前東大総長が提唱され、三宅なほみ教授が副機構長として推進)では、新しい授業の在り方として「協調学習(ジグソー法)」を小中高校で展開しております。そして着々と成果を上げつつあります。

この活動を社会人として支援するべく、①教科書や学習指導要領を離れて、社会人の経験と応用事例を取り入れたジグソー授業教材を制作する、②地域でのイベントや課外授業などでジグソー授業を展開する、③教育現場から上がる子どもたちの疑問や提案に専門家として分かりやすい回答を行う、ことなどを、CoREFと連携しながら進めていく所存です。
更に地域に密着して活動しているNPO日立理科クラブとも連携して参ります。
  ご連絡先:永田一良 nagata_tko@ybb.ne.jp




上へ

表面処理技術研究会

 表面処理技術研究会(SPTG)は,主に物質や材料の表面を考え,高機能化,装飾,変換など,表面を取扱う技術について調査・研究を行います.その成果を,主に中小企業の皆様にご提供し,表面技術を共有して連携を創造します。

 いろいろな製品の重要な品質の一つに外観があります.商品が販売されるとき,その“見た目”が重要なのです.製品製造の最終工程である塗装,めっき,ラッピングなどを表面処理技術と捉え,製品の機能として創造します。

 SPTGは,一般社団法人東京技術士会の下部組織であり,社団法人の構成体として活動します。

 皆様,ぜひご活用ください。

 

□SPTGの活動例

 表面処理技術研究会は主に以下の活動を行います。

複表面処理技術の調査・報告・技術開発・市場解析・市場開発

加飾技術研究会と連携し,加飾技術の調査・報告・技術開発・市場解析・市場開発などの支援

表面処理技術/加飾技術を活用した連携構築

その他,表面処理技術に関する講演等の主催など


 ご連絡先:平野 輝美  info@ce-hirano.com

上へ

        
知的資産経営支援センター

 会社の実力を知るには、バランスシートを見ればよい、といわれます。

 でも、御社自慢の技術力や、営業力、社員間のチームワーク、ブランドといったものは、バランスシートに目に見える形で表すことができません。

 せっかくこれら無形の経営資源を持っていても、バランスシートの内容が悪ければ、不当に低い評価がなされてしまう場合もあります。

 一方、厳しい経済環境下、限られた経営資源を有効に使いこなす必要があります。

 そのためには、御社の企業価値を生み出す経営資源として具体的にどんなものがあるのか、を他の有形資産と同様に明らかにしておくことが求められております。

 最近では、このような無形資産を「知的資産」と呼んで、自社の知的資産経営報告書の作成を通じて、自社の経営資源をより明らかにする企業が少しずつ増えてきております。

(知的資産経営報告書開示事例紹介サイト:http://www.jiam.or.jp/CCP013.html

 知的資産経営支援センターでは、次のような経営支援サービスをご提供しております。

    知的資産を中心とする経営資源の見える化サービス(知的  資産経営報告書の作成等)

    知的資産の有効活用コンサルティング

    知的資産活用のための研修・セミナー

    東京技術士会所属の技術士による技術支援サービス

○(例)知的資産経営報告書作成の流れ

(1)  お申込み

(2)  現状診断(無料)

(3)  お見積り・ご提案

(4)  正式契約

(5)  詳細調査

(6)  報告書の作成・報告

費用:30万円(+消費税)~

ご連絡先:深澤 潔 info@meiritsu-patent.com

上へ

ICT活用支援センター

IT(情報技術)の活用には、インターネットなどの通信技術が必須
となっており、ICT(情報通信技術)と言われています。現在のICTの
大きな潮流として以下があり、各企業様で活用されています。

1.クラウドコンピューティング 2.ソーシャルコンピューティング

3.モバイル活用       4.ビッグデータ活用(大企業中心)

 ICTの活用には、そのほかシステムの導入・運用管理費用の削減、セキュリティ対策、IT要員不足などの課題もあります。

当SIGは、中小企業様等のこうした課題を解決するためのご支援
を行い、ICT活用による業績向上に寄与いたします。

ICTによる経営効率化支援

ICTでの企業継続計画(BCP)等支援(データ保全対策等)

システム導入/運用管理費用削減対応

 クラウド活用や無料のオープンソースソフトウェア活用の廉価なシ
ステム、プログラムレスのシステム自動開発ツール「GeneXus」活用
などによりシステム導入/運用管理費用の削減が可能となります。

ICTシステム導入・更新例

システム自動開発ツール「GeneXus(ジェネクサス)」の適用
20年以上の歴史と海外10万・国内数百システムの実績

 

 

 





ご連絡先:木村 稔 kimura-min@kce.biglobe.ne.jp








上へ

農業支援センター
後日記入







  ご連絡先:平野 輝美  info@ce-hirano.com

上へ

海外進出支援センター
海外支援センター(OCS, Overseas Support Center)では、海外
に進出を計画している中小企業の皆様に、
   1.東南アジア地域を中心として
   2.建設業・製造業・インフラPPP事業・他
   3.現地での投資・会社設立・他
等のアドバイスを行います。
東京商工会議所平成25年度中小企業国際展開アドバイザーです。

  ご連絡先:二宮 孝夫 iwaki190519nino@kcf.biglobe.ne.jp

上へ

中小企業支援プログラム

 公的専門家派遣制度は、例えば3回までの利用などで真の企業課題解決までご支援できない場合があります。
 
「中小企業支援プログラム(TSP」は複数の専門家派遣制度をつないで利用回数を拡張し、専門家チームによって無料支援をベースに解決まで対応することを目的にしており、企業のお悩み解決としてのご利用をお待ちしています。

 

サービスの概要

1.企業の現状分析・課題提示等の診断で終わらずに、テーマの解決までご支援します。

2.個別に有効な公的施策などのご案内、ご利用をご支援します。

3.分野の異なる専門家と連携ネットワークによりワンストップで幅広く対応できます。

4.公的制度で終わらないときは、公的費用並の有償契約で個別課題解決に最後まで責任をもってお手伝いします。

5.身近な相談にいつでもきめ細かな対応のできるホームドクターにご利用できます。

   ご連絡先:武田 悦男 maf01450@nifty.com


上へ

公的事業協力センター

 官庁・自治体等が実施する補助金その他の公的支援事業に係わる事業者の審査業務や調査設計等業務を受託するとき、これらの業務と[審査/指導]の関係にある中小企業支援業務(ミラサポ等の活動を含む)とを、当会の組織の位置づけを明確に分離する目的で、本SIGが設立されました。この組織内の機能分離により、コンプライアンス(利益相反のおそれがないこと)を確保し、ステークホルダーへの説明責任を果たすものです。

 

SIG&サービスメニュ一覧

(1)官庁・自治体・公益法人からの案件情報の収集(ただし他SIGの活動範囲を除く)

(2)案件受注時における受託先との連絡、会員との連絡調整

(3)対応会員募集、受付、名簿等の作成

(4)業務推進に伴うトラブルへの対応
(5)上記に関連した業務

  ご連絡先:奥田 孝之 fieldpine_339@s4.dion.ne.jp

上へ
技術調査センター
後日記入







  ご連絡先:片上 裕紀 katakami@ceri.co.jp

上へ

環境問題研究クラブ

 当クラブは、SR(社会的責任)の中核の一つである環境問題に取り組んでいます。

 特に官庁・自治体等が実施する環境問題への対応・支援を実施しており、平成274月から東京都環境局において土壌汚染対策相談窓口業務を受託して、支援させていただいております。

[ご支援内容]

1.ご相談:環境問題に関する対応のご相談

2.研 修:環境問題に関する組織内研修のご支援

3.マネジメントシステム構築等:ISO14001及びエコアクション21等のマネジメントシステムの構築・継続的改善のご支援


  ご連絡先:塚田 光平  akitsuboys-kt@nifty.com

上へ

アーカイブス
後日記入







  ご連絡先:平野 輝美  info@ce-hirano.com
上へ
ISO構築・改善支援センター
後日記入







  ご連絡先:志澤 達司 
t-shizawa@icntv.ne.jp
上へ

MENU


一般社団法人
東京技術士会
東京都練馬区上石神井
  3丁目2番32号
お問い合わせはこちら














Copyright(C)